復職命令後に復帰しなかった場合に給料を請求できるか?(福井地裁平成28年1月15日判決)

会社側から復職命令を出された場合に、復職しなければ、復職命令以降は給料が発生しないという取扱いの方が一般的です。しかし、使用者側が真摯に労働者を受け入れる意思もないのに、復職命令を出し、仕事を与えなかったり、従前の職務と比較して著しく簡単な業務を与えるなど屈辱感を与え追い出す目的などで復職命令は濫用されています。この点、上記の福井地裁平成28年1月15日判決では、復職命令以降も給料の支払いが認められています。

事案は、リフォーム会社の被告が原告がノルマ未達成を理由に社員の等級を変更し、月額29万円から10万円減額し、退職するか妻子と長年暮らしている自宅から遠く離れた長野支店に行くか選べと言われたため、原告はその後出勤しなくなった。被告は原告が配転無効や残業代の支払いを求める訴訟を提起すると、配転命令を取り消し復職を命じたというものです。

福井地裁判決は、10万円も給料を減らし、長年家族と暮らした福井から長野への配転命令は、課されたノルマの達成が極めて困難な状況であったことも併せ考えると過酷に過ぎ、無効としました。

その上で、復職命令について、被告が配転命令や残業代の未払いについて違法性を一切認めていないことを指摘し、原告が福井支店に復職しても直ちに降格される恐れがあるし、復職後にノルマが未達成だとして翌月には同様の状況に至る余地も十分にある。被告が提出している誓約書では時間外賃金を適法に支払う旨の記載があるが、他方で本件訴訟において賃金請求を争っているし、営業手当の時間外賃金である旨の主張も撤回していない以上、あくまで被告が主観的に適法と考える時間外労働賃金が支払われるだけであって、客観的に適法な時間外労働賃金が支払われないおそれも十分にある。そのため、本件配転命令を発令したことにより破壊された原告との間の労働契約上の信頼関係は、配転命令を撤回し、誓約書を提出しただけでは回復したとは認められない。そのため、原告が出勤しないのは、被告の責めに帰すべき事由によるものといえるから現在まで賃金支払い義務を負うと認めるのが相当である。

今回の被告は相当ブラックな企業であることを示す事情が種々認定されており、極めて裁判所の心証が悪かったことがこのような判決につながったものと思われます。当該判決が控訴審で維持されるのかなど、慎重な取り扱いが必要とは思いますが、労働者側にとっては極めて有用な判決であることは間違いありません。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>